Webアザラシのナレッジベース

Webアザラシのライフログ兼ナレッジベースです。

Webを支える技術:第一部「Web概論」まとめ

第一部:Web概論

第1章「Webとは何か」

Webを支える最も基本的な技術

  1. HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)
  2. URI(Uniform Resource Identifier)
  3. HTML(Hyper Text Markup Language)

HTTPは、アプリケーションプロトコル
URIは、リソース識別子
HTMLはハイパーメディアフォーマット
ハイパーメディアとは、
"テキストや画像、音声や映像といったメディアをハイパーリンクで結びつけて構成したシステム"
である。

すべてシンプルな技術群で、HTTP1.1が定義したメソッドはたったの8つ。URIは、URLのように簡単に表記でき、HTMLは汎用の文章フォーマットである。

続きを読む

2019/06/27:やったこと

技術選定

Railsを考えたり、Laravelを考えたり、Expressも考えた。

というかようやくSPAを完全に理解した。

OpenAPIというものを使えば、簡単に管理画面を作れることも知った。 Vironというものを使えば良いらしき。

もう管理画面のフロントコードを書く必要はありません、そう Viron ならね。 - Qiita
https://qiita.com/tosaka07/items/87ef283db4b2ee19b636

続きを読む

ピッチの準備

※ 以下は、【Startup Science 2018完全版 (2550 page) – Masa Tadokoro (田所 雅之) – Medium】より、引用した内容です。
https://medium.com/@masatadokoro/https-medium-com-masatadokoro-startup-science-2018-5228111b275f

ピッチについて

ピッチは「事業における氷山の一角」である。

自分が
・仮説検証を深めたか?
・実行したか?
といった磨き込みをどれだけしたかで変わるものである。

用意すべきピッチのパターン

  • ワンセンテンスピッチ ⇒10秒
  • エレベータピッチ ⇒30秒〜1分
  • ショートピッチ ⇒3〜5分
  • インベスターピッチ ⇒15分〜+質問

ピッチは時間が短ければ短いほど難易度が高くなる。
今回のスタチャレは<2分+質問>だって、ショートピッチとエレベータピッチの中間。

続きを読む

今さらながらのWeb系言語がどう処理されているかまとめてみた。

はじめに

PHPでアプリを書くことにしました。
理由としては、ピュアなPHPのみでアプリケーションを書き切ることが出来るから、です。
自分がHTML/CSSを書こうと決めたときに、途中でBootstrapのようなフレームワークを取り入れてしまい、
学習におけるブラックボックスを増やしてしまった結果、進捗が牛歩になってしまいました。
なので今回もその反省を活かし、Python+Flaskではなく、PHPMySQLといったプリミティブな構成で開発したいなと思います。

一方で、Webアプリケーションを動かすためのプログラムはどこでどう処理されているのかが、分かっていないのでまとめてみることにしました。 というか、先にWebを支える技術を読んだほうが良かった気もするけれども、今手元のにないので…

続きを読む